1. HOME
  2. 相談したい
  3. ボランティア関連
  4. ボランティアセンターとは?

相談したい

works

ボランティア関連

ボランティアセンターとは?

ボランティアセンターとは?

宮崎市社協ボランティアセンターでは、皆さんが気軽にボランティア活動に参加できるよういろいろな事業を行っています。

ボランティアセンターの主な業務

ボランティアに関する相談・登録・活動の紹介

ボランティアセンターでは、ボランティア活動をしたい人とボランティアを頼みたい人をつなぐお手伝いをしています。“ボランティアを始めたいけどどうしたらいいの?” “どんなボランティア活動があるの?” “ボランティアに来てほしいんだけど…”などの様々な相談に対して、情報の提供やアドバイス、調整等を行います。

ボランティアに関する講座やイベントの開催

市民の皆さんに、福祉やボランティアに関心をもってもらえるよう、ボランティア体験やイベントを開催します。また、ボランティアの養成をしていくための各種講座も実施しています。

ボランティア体験月間

7月~9月は、『ボランティア体験月間』です。この期間中、“ボランティアっどんなことするんだろう?”“ボランティアをしてみたいけれど参加するきっかけがない”という方のために、期間限定の体験プログラムを提示しています。

ボランティア体験メニュー

ボランティア体験月間(7月~9月)に合わせて、気軽にボランティア活動を体験してもらうために、福祉施設や当事者団体、ボランティアグループなどに協力をいただき、たくさんの活動メニューを用意しています。

  • 老人ホームでの高齢者の話し相手や散歩介助
  • 障がい者福祉作業所での作業の手伝いやふれあい活動
  • 地域での高齢者給食サービス調理
  • 福祉施設の夏祭りの準備や当日の運営
  • 障がい児のキャンプへの参加
  • 自然保護活動への参加
  • 子どもの託児、遊び相手
  • 各種イベントの手伝い ほか多数

詳しくはお近くのボランティアセンターまでお問合せください。

ボランティア講座の実施

宮崎市社協ボランティアセンターでは、多様なニーズに対応できるボランティアの育成やこれからボランティア活動をしたい人のための講座など様々な講座を実施しています。

青少年対象の講座
子どもや若者を対象として、年代別に、ハンディキャップ体験やボランティアの実践活動など楽しい体験や講座を企画します。

初心者向けの講座
これからボランティアをしたいと思っている人のために、ボランティアや福祉について勉強をしたり、実際にボランティア活動を体験したりする講座です。

健康ふくしまつり

市民の皆さんに福祉や健康について関心をもってもらい、また障がいのある人たちや高齢者の方々と交流する機会をもつために、毎年開催しています。
会場内は、ステージイベントや点字・手話などの何でも体験コーナー、プレイコーナー、バザー、模擬店など盛りだくさんで、大勢の方たちでにぎわっています。

 

福祉のこころをそだてる

障がいや福祉について正しく理解してもらうために、教育委員会や学校などと協力して、福祉学習の機会をつくっています。

ボランティアに対する支援

ボランティア活動が継続的に行えるよう、場所の提供、活動機材の貸出し、助成金情報の提供などを行っています。
また、ボランティア同士の交流や情報交換ができるような場の設定も行います。

ボランティア保険の受付

ボランティア活動を安心して行うための保険の申し込みや相談を受けています。

市民活動保険

宮崎市では、すべての宮崎市民を対象に、ボランティア活動中の事故に対する保険に加入しています。(証明が必要)

ボランティア活動保険

ボランティア活動中のけがに対する任意で入る1年間の保険で、傷害および賠償責任補償があり、ボランティアセンターに登録をした個人もしくは団体が加入できます。

※このほかにも、「ボランティア活動等行事用保険」「送迎サービス保険」などがあります。(掛け金・補償額は本会のボランティアセンターに問合せください)

講師派遣事業

福祉に関する講話やハンディキャップ体験を通して、身近な福祉について考えてみませんか?
本会では、学校や企業、団体等へ講師を無料で派遣しています。

福祉講話

障がいについてのお話
障がいがある方などが、その経験や生活するうえでの問題点、どんな手助けを必要としているかなどのお話をします。

ボランティアについて
ボランティア活動をしている方が、ボランティア活動の意義や活動内容、活動にあたって心がけていることなどのお話をします。

福祉体験

ハンディキャップ体験や、手話・点字などの体験ができます。

高齢者擬似体験 サポーター等の装具をつけて高齢者に現れる身体の変化を体験します。
アイマスク体験 アイマスクをつけて階段などを歩くことで、視覚に障がいがある状態を体験します。
車椅子体験 車椅子に実際に乗ったり、介助の仕方を学ぶことで車椅子利用者が日常生活を送る上で、どのようなことを感じているか体験します。
手話 手話を使った簡単なあいさつや歌などを学びます。(連続した講座に関しては、派遣できません)
点字 点字の意味や簡単な点訳の仕方などを学びます。(連続した講座に関しては、派遣できません)

ボランティア活動の支援

ボランティアルーム等の貸出し

ボランティアセンターに登録をしているボランティア団体が話し合いや作業等を行うための場所として、宮崎市総合福祉保健センターのボランティアルームもしくはボランティアミーティングルームを無料で貸し出しています。

※事前の予約が必要(予約受付時間:平日8:30〜17:15)
※使用できるのは年末年始を除く曜日の9:00〜21:00です(その他、施設維持管理の理由から貸し出しをお断りする場合あり)

助成金情報の提供
  • ボランティア活動に必要な事業費等に関する各種助成金情報を提供します。
    ~たとえば~
    障がい者福祉に関する研究助成
    高齢者福祉活動支援助成
    児童の健全育成活動に関する助成
    環境問題に取組む団体への助成…等々
    助成金情報は新着情報ページでお知らせしています。

問い合わせ先

宮崎市社協ボランティアセンター

みやざき…52-7170   たかおか…82-4721
きよたけ…55-6207   さどわら…36-2026
たの…86-2017

相談したい