見守り

福祉協力員の設置

地域の見守りボランティアとして、地域におられる援護を要する人々を早期に発見し、見守りのネットワークにつないでいくことにより、その生活の安定を図るため、各地区への配置を推進しています。

現設置地区

市内全地区

福祉協力員数

本所 佐土原支所 田野支所 高岡支所 清武支所 合計
1,294名 304名 68名 74名 94名 1,834名

(平成27年7月1日現在)

見守りネットワーク活動の推進

地域におられる援護を要する人々(ひとり暮らし高齢者・寝たきり高齢者・障害者・その介護者など)に対し、声かけや買い物の手伝いなど、何気ない援助をしていくことで、これらの人々が地域の中で孤立するのを防ぎます。
この活動は、自治会、担当民生委員児童委員や福祉協力員、専門の関係機関の協力・連携のもとに行われ、その結果、対象者1人ひとりに、それぞれのネットワークができます。

小地域懇談会 よりきめ細かな地域福祉を展開するため、小地域単位で懇談会を開催し、住みよい地域づくりのために話し合います。
誕生日ハガキ 一人暮らしの高齢者の方(希望者のみ)に、小学生が書いた誕生祝いのハガキをお届けしています。

安否確認事業(乳酸飲料配布)〔高岡地区〕

高岡町にお住まいの見守りが必要な75歳以上のひとり暮らし高齢者等に対し、毎月1回安否確認として民生委員が訪問しています。