Topic Path :ホーム悩みごと相談>日常生活自立支援事業
 

日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業“あんしんサポートセンター宮崎”(県社協より受託)

認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者など判断能力が充分でない方の権利擁護に資することを目的として、これらの方々が自立した地域生活を送ることができるよう支援を行います。福祉事業の一環として、成年後見制度を補完するために創設された事業です。

事業開始年月日 平成11年10月1日
サービスの内容 (1)福祉サービスの利用援助
(2)日常的金銭管理サービス
(3)書類等の預かりサービス
利用料 1時間まで1,000円(以降30分までごとに500円加算されます。また、事務作業時間も含まれます。)
別途、交通費(1kmあたり10円)が必要です。
(相談や支援計画の作成にかかる費用は無料です。)
ただし、生活保護世帯は利用者負担なし。

利用対象者について

●物忘れがあるなど日常生活に不安を抱える高齢者の方
●知的障がいのある方(療育手帳の有無は問いません。)
●精神障がいのある方(精神保健福祉手帳の有無は問いません。)

※「足腰が悪くて銀行等に行くことが困難」など身体状況の障がいを理由とした場合は、対象となりません。

サービス内容について

  1. 福祉サービスの利用支援(情報提供や相談・助言等、利用手続きやサービス利用料の支払いのお手伝い、他)
  2. 福祉サービスに関する苦情解決制度の利用手続き支援
  3. 日常生活に必要な事務手続きのお手伝い(居住家屋の賃借に関する情報提供、クーリング・オフ制度等の利用手続き、住民票や印鑑登録等の行政手続き、他)
  4. 日常生活に必要なお金の出し入れのお手伝い(税金や社会保険料、公共料金、医療費、福祉サービス利用料等の支払い手続き)
  5. 大切な書類の預かり(通帳、印鑑、年金証書、等)